できてしまったニキビ跡のケア

大人になってからもできてしまうニキビ。
そんな大人ニキビは治りにくく、跡になりやすいといわれています。

 

気をつけていてもできてしまったニキビ跡は、しっかりケアをすることで目立ちにくく、
ニキビ跡の状態によっては消すことも可能です。その後のケアが分かれ道。

 

しっかりお手入れをしていきましょう。

 

まず、なぜ大人になってからのニキビは治りにくく、跡になりやすいのか。

 

それは、お肌のターンオーバーが遅れてくるため。
子供のころは新陳代謝が活発で、お肌の生まれ変わりもスムーズに行われているため、
どんどん新しい皮膚が再生されています。

 

ですが、大人になりターンオーバーが遅れだし、お肌の生まれ変わりがスムーズに行われないと、
ニキビが治りにくく、跡に残りやすいというわけです。

 

さらに、その状態で紫外線を浴び続けると、跡は濃くなっていきます。
そこで大事なのが、ターンオーバーを整えてあげるということ。

 

いらない角質を取り除いてあげることで、お肌の生まれ変わりを促してあげます。
皮膚科でピーリングなどの処置もありますが、今はホームケアできる化粧水などもでています。

 

そして次に、UVケアをしっかりすること。
ニキビ跡は、紫外線を浴び続けると濃くなっていきます。
ですので、しっかりUVケアをして、濃くなるのを防ぎましょう。

 

さらに、抗酸化力強いのビタミンCの化粧水を使うのもいいでしょう。ニキビもできにくく、
できてしまったニキビ跡を薄くする効果があります。

 

さあ、しっかりケアをして綺麗なお肌を目指しましょう。

 

 


できてしまったニキビ跡のケア関連ページ

ニキビ跡を消すための化粧水の使い方
ニキビ跡を消すための化粧水の使い方
ニキビ跡を消す化粧水について
ニキビ跡を消す化粧水について
ニキビ跡を消すスキンケア化粧水の選び方について
ニキビ跡を消すスキンケア化粧水の選び方について
ニキビ跡を消すのに効果的な方法
ニキビ跡を消すのに効果的な方法
10代から20歳前半の青春ニキビに効く化粧品
10代から20歳前半の青春ニキビに効く化粧品